カテゴリー: 未分類

弁護士に依頼する

債権回収の際には、弁護士に依頼すると最も効率的かつスピーディーに問題を解決する事ができます。債権回収を弁護士に依頼するメリットは、以下のように数多くあるのです。まず、状況に適した回収方法を提案してもらえることです。それによって効率的かつスピーディーに債権回収が可能になるのはもちろん、精神的負担を弁護士が肩代わりしてくれます。うまくいけば円満解決も可能でしょう。債務者に債権者の本気度が伝えられる
訴訟や強制執行などにも対応できるというのも、いざという時のために安心です。

まず、弁護士は刑事・民事問わず問題解決の専門家なので、状況に適した債権回収方法を提案してくれます。債権回収専門の弁護士も存在するほど、弁護士は債権回収の諸事情に詳しいのです。また、債権回収時の精神的負担を弁護士が肩代わりしてくれます。当事者だけでの話し合いだと、どうしても債権者の精神的負担が大きくなります。第三者の手を借りましょう。

【参考サイト】
弁護士費用 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所

さらに、効率的かつスピーディーに債権回収が可能になります。弁護士は交渉のプロでもありますから、なかなか前に進まなかった交渉を劇的に進めてくれます。加えて、円満解決も期待する事ができます。弁護士は非常に多様な債権回収方法を把握しているので、どの方法を選べば当事者の関係が壊れないか、という事も分かるのです。そして、債務者に債権者の本気度が伝える事ができます。弁護士の登場により、債務者も相当なプレッシャーを感じます。そして最後に、弁護士が味方にいれば訴訟や強制執行などにも対応できます。費用はかかりますが、やはり問題の解決にはプロの手を借りる事が一番なのです。

自分で法的手続きする

債権者と債務者の間での「交渉」では埒が明かない場合、債権者は法的手続きに進む事ができます。法的手続きに進んだ場合、債務者にとっては相当なプレッシャーになります。法的機関からの通知を受け取れば「払わなければ」と大きなプレッシャーを感じるでしょう。ここまで進むと、円満な解決は望めないかも知れません。「法的手続き」と簡単には言っても、そこには様々な種類があります。債権回収する場合に選べる主な法的手続きは、支払い督促と少額訴訟、そして通常訴訟の3種です。

順に説明します。まず「支払督促」とは簡易裁判所から債務者に対して督促状を出してもらえる制度です。債権者の書類による申し立てがあれば、債務者の住所を管轄する簡易裁判所の書記官が無条件で(!)債務者に督促状を出します。

当然ながら債務者には、「債権の有無」、「債権額の是非」、「債権の支払い期限」などに関して異議申し立てを行う権利があります。債務者が督促に対し異議を申し立てた場合、通常訴訟、つまり民事裁判に移行します。

次に、「少額訴訟」です。請求金額が60万円以下ならば、1回の審理かつ即日判決である少額訴訟を利用できます。内容に対して債権者と債務者の間で争いがある場合は、やはり通常訴訟、つまり民事裁判に移行するので注意が必要です。そして、「通常訴訟」です。これはずばり「民事裁判」を意味しています。ここまで進むと債権者単独で勝つ事は困難になりますから、弁護士に依頼しましょう。

自分で交渉する

債権回収の方法の一つに「自分で交渉する」というパターンがあります。経済的に見ると、最も難易度が低いです。しかし自分で債権回収の交渉に挑む場合、交渉の長期化を覚悟しましょう。なぜなら交渉の場には「債権者」と「債務者」の当事者しかいません。交渉は突き詰めれば「払え」「払えない」の押し問答になりますから、事態がなかなか前に進まない事が予想されます。

とは言え、債権者と債務者には長年の関係というものが往々にして存在します。その関係を壊さないためにも、第三者の手はなるべく借りたくないですよね。自分で債権回収の交渉をする場合、どのような手段があるのでしょうか。自分で債権回収の交渉をする場合の、想定されるパターンを以下に列挙します。

まず考えられるのが、電話での請求連絡や普通郵便で請求書を送ることです。本人に一般的なツールを使ってのコンタクトということで、最初の回収請求としてよい方法でしょう。それでも支払われない場合、内容証明郵便でプレッシャーをかける、債務者の会社や自宅に訪問するという方法もあります。

債権回収をする場合、常識的に見れば債権者の立場が強く、債務者の立場は弱いはずです。しかし債権を回収できずに困るのは債権者の方なので、当事者同士の交渉だけではどうしても解決が難しくなります。円満解決とスピーディーな解決、どちらを優先するかによって方法は変わります。

債権回収の方法

皆さんは「債権回収」と聞いて、その中身がイメージできるでしょうか。債権回収とは、「債権者」が「債権」を回収する事を指します。「債権者」とは「債権という権利を持つ者」を指し、「債権」とは「他人に対してある一定の、当然の行為を求める権利」を指しています。

債権回収は多くの場合、未払い金の回収に対してその概念が適用されます。債権はその義務を負った者から見ると「債務」に変わり、債務を負った者を「債務者」と言います。「債務者」が未払い金を「債権者」に支払うのは当然ですから、債権者が未払い金を回収する行為は債権回収に該当するのです。

ただ債権回収の方法には、いくつかのパターンがあります。債権回収時の状況に応じて、適した方法を選びたいものです。経済的に難易度が低いものから順に列挙すると、自分で交渉を行う、自分で法的手続きに踏み切る、そして弁護士に回収を依頼するという3つのパターン分けになります。

経済的に難易度が高いものほど債権回収の成功率が上がりますが、その分お金が掛かるというわけです。自分で債権回収の交渉に挑む場合、交渉の長期化を覚悟した方が良いでしょう。交渉の場には「債権者」と「債務者」しかいないわけで、突き詰めれば「払え」「払えない」の押し問答になります。なかなか事態は前に進まないでしょう。自分で法的手続きをする場合だと、債務者にプレッシャーを与える事が可能になります。法的機関からの通知を受け取れば誰だって、「払わなきゃ」と大きなプレッシャーを感じるものです。

2017年6月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930