債権回収の方法

皆さんは「債権回収」と聞いて、その中身がイメージできるでしょうか。債権回収とは、「債権者」が「債権」を回収する事を指します。「債権者」とは「債権という権利を持つ者」を指し、「債権」とは「他人に対してある一定の、当然の行為を求める権利」を指しています。

債権回収は多くの場合、未払い金の回収に対してその概念が適用されます。債権はその義務を負った者から見ると「債務」に変わり、債務を負った者を「債務者」と言います。「債務者」が未払い金を「債権者」に支払うのは当然ですから、債権者が未払い金を回収する行為は債権回収に該当するのです。

ただ債権回収の方法には、いくつかのパターンがあります。債権回収時の状況に応じて、適した方法を選びたいものです。経済的に難易度が低いものから順に列挙すると、自分で交渉を行う、自分で法的手続きに踏み切る、そして弁護士に回収を依頼するという3つのパターン分けになります。

経済的に難易度が高いものほど債権回収の成功率が上がりますが、その分お金が掛かるというわけです。自分で債権回収の交渉に挑む場合、交渉の長期化を覚悟した方が良いでしょう。交渉の場には「債権者」と「債務者」しかいないわけで、突き詰めれば「払え」「払えない」の押し問答になります。なかなか事態は前に進まないでしょう。自分で法的手続きをする場合だと、債務者にプレッシャーを与える事が可能になります。法的機関からの通知を受け取れば誰だって、「払わなきゃ」と大きなプレッシャーを感じるものです。

About the author

2017年3月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031