自分で交渉する

債権回収の方法の一つに「自分で交渉する」というパターンがあります。経済的に見ると、最も難易度が低いです。しかし自分で債権回収の交渉に挑む場合、交渉の長期化を覚悟しましょう。なぜなら交渉の場には「債権者」と「債務者」の当事者しかいません。交渉は突き詰めれば「払え」「払えない」の押し問答になりますから、事態がなかなか前に進まない事が予想されます。

とは言え、債権者と債務者には長年の関係というものが往々にして存在します。その関係を壊さないためにも、第三者の手はなるべく借りたくないですよね。自分で債権回収の交渉をする場合、どのような手段があるのでしょうか。自分で債権回収の交渉をする場合の、想定されるパターンを以下に列挙します。

まず考えられるのが、電話での請求連絡や普通郵便で請求書を送ることです。本人に一般的なツールを使ってのコンタクトということで、最初の回収請求としてよい方法でしょう。それでも支払われない場合、内容証明郵便でプレッシャーをかける、債務者の会社や自宅に訪問するという方法もあります。

債権回収をする場合、常識的に見れば債権者の立場が強く、債務者の立場は弱いはずです。しかし債権を回収できずに困るのは債権者の方なので、当事者同士の交渉だけではどうしても解決が難しくなります。円満解決とスピーディーな解決、どちらを優先するかによって方法は変わります。

About the author

2017年3月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031